男の子が産まれたなら健康を祈って破魔弓を送ろう

子供

お祝いを頂いたら

ベイビー

出産祝いを頂いたら出産内祝いをします。本当は直接赤ちゃんを連れて挨拶に行くのが理想なのですが、なかなかそうもいきませんよね。そんな時には赤ちゃんの写真入りのメッセージカードを入れると、赤ちゃんの紹介ができますし、もらった方も赤ちゃんの顔が見られて嬉しいものです。赤ちゃんの名入れ商品はあまり人気がありませんが、カードなら邪魔になりません。最近ではギフト業者も無料で作ってくれるところが多いですし、パソコンが得意なら自作しても良いですね。また出産内祝いとしてカタログギフトを選ぶ人も多いですが、最近ではカタログ自体に一工夫がなされているものが増えています。商品を選び終わったらアルバムとして使えたり、絵柄が可愛いくて絵本として使えるなど。エコが叫ばれて久しいので、こういったものを選んでみるのも良いでしょう。

出産内祝いとは赤ちゃんの誕生をお祝いしてくれた人へお返しをすることを言いますが、お祝いをもらった人だけでなく、妊娠時にお世話になったり、ベビー用品やマタニティグッズを譲ってくれた人にも贈りたいものです。基本的には生後1か月のお宮参りまでにすることになっていますが、あくまでも目安です。しかし遅れすぎてもいけないので、生後2か月くらいまでには済ませたいですね。もちろんお祝いを頂いた時期にもよります。出産内祝いとして人気なのは石鹸やお菓子などの消える物、自分で選べるカタログギフトなどです。これらは出産内祝いに限らず、どの分野のギフトとしても人気ですね。赤ちゃんの名入れ商品は、食器やタオルなどの消えない物は「もらって困る」という人が多いので、どうしてもと言うならお菓子などの消える物にしましょう。